つむじの薄毛やはげ 周囲から見るとどんな感じ?

つむじは直接人の目に触れる部分ではありませんが、髪の毛の癖が決まる部分になります。つまり、つむじから薄毛になってしまうと、髪の毛の全体のボリュームが薄くなってしまう印象になります。周囲の目もつむじに集まりがちになってしまいますが、かといって薄毛になったことを言い出しにくいと状態になってしまうことも考えられます。鏡でも見にくい部分ですので、周囲の人もストレートに「カッパっぽい」とか「頭が薄くなっている」とは言い出せないものです。
しかし、かといってそのまま放置してしまっているとつむじの周りだけ髪の毛が無くなってしまって、帽子を被って誤魔化したり、かつらを着用すると言う状態になりかねないのです。

つむじのはげの原因は、男性ホルモンによるものだとされています。男性ホルモンが毛根を攻撃してしまい弱らせて抜け毛が増えることによって薄毛となってしまうのです。

そんな薄毛を予防や進行を止めるためには、さまざまな対処方法を行うことができるようになってきています。

簡単に行える物としては、頭皮環境を整えることが上げられます。脂っこい物が好きだったり、常にシャワーばかり、髪の毛を洗っていなかったりすると頭皮環境が悪くなってしまい、毛根が弱ってしまいます。それを防ぐためには、毛穴のつまりを防ぐために脂質を減らして野菜を多く摂ることを意識した食事を行い、半身浴などで毛穴を開いて皮脂が流れやすくし、低刺激なシャンプーで汚れをしっかり洗い落とします。血行を良くすることも髪の毛に栄養を与えるためには重要なため頭皮マッサージなども有効となります。全身の血行を良くすることも良いとされており、全身の血行を良くするためには適度な運動などもおすすめです。また、ドラッグストアにはたくさんの発毛剤が売られています。これらの自分に合った商品を探してみるのも効果的で、育毛に効果的なサプリメントなどで育毛に必要な栄養を補給することも良いとされています。

つむじのはげは、はげの中でもなかなか改善しにくい部分だとされています。しかし、諦めずにきちんと毎日継続してケアをしていくことが大切です。最低でも六ヶ月はケア継続して行っていくことが髪の毛を育てるには必要となります。
また、ストレスや不規則な生活、自分に合っていないシャンプーやリンスの使用、喫煙や過度なアルコールの摂取、栄養の偏りなど自分が原因で起こる薄毛もあるため、生活を見直しすることも髪の状態を改善する一歩となります。
hagea5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です